飲食店のねずみ被害から考える自力対処か業者依頼か?

ねずみは害獣ですから、どこにあらわれたとしても迷惑なものですが、中でも、迷惑・被害の度合いが高いのは飲食店でしょう。飲食店にとって、ねずみの出現は深刻なダメージを引き起こします。しかし、餌となる食材があり、閉店後は無人になることも多い店舗は、ねずみにとってはまたとない環境です。だからこそ、飲食店は一般家庭以上にねずみに気を配る必要があります。

ねずみ駆除業者の中にも店舗の駆除を得意とする業者があるので、多くの飲食店では、そうした業者と契約して定期的な駆除をしてもらっています。

以下では飲食店におけるねずみ被害の深刻さと、その対策について見ていきましょう。

飲食店特有のねずみのリスクに注意する

ねずみがもたらす被害については、大きく以下の4つに分類されます。

衛生面での被害 ねずみが媒介となって病原菌がばらまかれる
安全面での被害 配線などがかじられ、断線や漏電の原因になる
経済面での被害 食材・家財をかじられてしまう
精神面での被害 ねずみがいるという事実がストレスになる

飲食店でもこれらのことは同様に起こりますが、それに加えて、店舗であるからこそ発生するさらなるリスクがあります。次のようなものがそれです。

1 営業停止にもつながる、食中毒のリスク

ねずみが往来することで、不衛生な状態になり、食中毒が発生する可能性があります。ねずみが媒介する病原菌のひとつ、サルモネラ菌は食中毒の代表的な原因菌です。

一般家庭で食中毒が発生しても、被害を被るのは家族だけです。ですが、飲食店ではそうはいきません。お客さんに被害が出てしまいます。飲食店で食中毒が発生してしまうと、食品衛生法にもとづき、行政処分を受ける可能性があります。どのような処分を受けるかは状況により保健所などが判断しますが、一定期間の営業停止処分がくだされることもあります。

営業停止になってしまうと、当然、その間は営業できないことで経済的なダメージを被ることになります。また、行政の処分とは別に、食中毒になったお客さんから、治療費等を請求されるおそれもあります。そして、なにより、「食中毒が発生して営業停止処分を受けた」という事実そのものが、店のイメージを著しく傷つけることになります。

2 急速に拡散する「ねずみが出る店」という悪評リスク

食中毒にまで至らなかったとしても、ねずみが出ることがお客さんに知れてしまうと、店のイメージにとって大きなマイナスです。

とある製薬会社が実施したアンケート調査によれば、9割を超える人がねずみのいるお店には二度と行かないと回答した、という結果もあります。しかも、大半のお客さんはねずみを見たとしても、それを教えてはくれません。「見てみぬふりをして二度と来ない」のです。一方で、SNSやソーシャルメディアなどを通じて、「ねずみの出る店」という悪評は急速に広がってゆきます。

また、お客さんだけでなく、従業員にとっても、ねずみの存在は精神的な負担になります。ねずみは、バックヤードのほうに出ることが多いでしょうから、遭遇する確率は従業員のほうが高いでしょう。しかし、ねずみの出る店で働きたいと思う人はいません。ねずみの出現を放置しておくことは、従業員のモチベーションにも影響しますから、飲食店の経営者には決して無視できないものなのです。

ねずみ被害に飲食店はどのように対策すべきか?

飲食店は一般家庭以上にねずみ対策の必要性が高いことがわかると思います。

ねずみの予防や、ねずみ被害が出てしまった場合の対策については、以下の記事を参考にしてください。

ただし、飲食店では一般家庭と同じようにはいかない面も多いでしょう。大量の食材がつねに置いてありますし、テナントですと、侵入口はささまざまにあります。

そこで、駆除業者に依頼するという選択肢も出てきます。業者に依頼するのは費用がかかるので自力でなんとかしたい、という考えもあるかと思いますが、業者に依頼する場合と、自力での駆除を試みる場合の違いを考えてみましょう。

自力で対処した場合 業者に依頼した場合
費用 安価で済む 費用がかかる
時間 未知数 おおむね、ひと月以内には最初の対処が完了
手間 手間がかかる 業者に任せることが可能
再発の場合 再度、自力での対処が必要 保証期間内なら業者に対処してもらえる

自力のほうが優れているのは、費用面だけと言っても過言ではありません。費用についても、市販の駆除グッズを使用する場合、店舗の広さによっては数が必要になりますし、どれくらいで効果が出るかもわかりませんので、それなりに費用がかかってしまいます。

食べ物がつねにあり、無人になる時間がある店舗はねずみにとって都合のいい場所です。被害を完璧に止めるのは業者であっても決して簡単なことではないのです。そのため、駆除業者は、店舗の場合、継続して定期的に処置をする形の契約になることが多いです。飲食店のねずみ対策は、それほど大変なものであると思えば、自力での駆除はあまりお薦めできません。

特に、テナントの場合、ひとつの店舗だけが対処をしても、根本的な解決にならないことも多いです。その場合は、建物のオーナーや、近隣の店舗と相談をして、建物ぐるみで駆除業者に依頼することも検討すべきでしょう。

業者に依頼する時のポイント

まず、フンや死骸などネズミの痕跡を見つけたら、状況を伝えやすいように写真を撮っておいたり、メモを取るなどするとよいでしょう。飲食店では駆除業者に来てもらうまでネズミの痕跡を残しておけない場合が多いと思うので、状況がわかるように写真やメモを取ったら速やかに掃除をしましょう。この時、ゴム手袋やほうきなどを使用して、直接手で触ることがないようにしましょう。

業者に駆除を依頼するときは、複数の業者に見積もりを取ることをオススメします。店舗から近い業者、料金が明確な業者、急ぎで対応してくれる業者など、状況にあった業者を選ぶことができるからです。中には悪徳な業者もありますので、よくわからないまま一つの業者に頼んでしまうより、複数の業者に見積もりをとって、納得できる業者を選ぶことがポイントです。

当サイトではここに挙げた3つの基準を満たし、それぞれの地域で実績のある業者を最大3社選んで見積もりを依頼できます。

ページの先頭へ