ねずみ駆除の費用相場

ねずみ駆除にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか? 一般家庭のねずみ駆除を、ねずみ駆除業者に依頼した場合、かかる費用はズバリ、

10万円~25万円

が相場だと考えてください。おおむね、12~20万円の範囲で収まることが多いようです。この相場から大きく外れる場合は、なにか理由があるはずですので、よく話を聞いてみましょう。

ネットで探していると、「1万円以内のねずみ駆除」が謳われているのを見かけると思います。そういった広告はウソなのでしょうか? 必ずしもウソではないのですが、「ねずみ駆除」の内容にその理由があります。格安の業者は、薬剤をまき、粘着シートを仕掛けるなどの、目先の対策を行ってくれます。逆に言えば、それしか行わない場合の料金が、その値段ということです。

目先の対策で、とりあえず、今出ているねずみが数匹、駆除されることにはなるでしょう。しかし、根本的な対策にはなっていません。ねずみが家にあらわれるのは、外からの侵入口があるからであり、それをふさぐ「防鼠工事」を施さなければ、なかなか被害が止まらなかったり、一時的には止まったとしても、早晩再発するということになります。「防鼠工事」は、資材を用いて穴などをふさぐ文字通りの「工事」が必要な施策であり、これを行うとなると、10万円以下の料金では難しくなります。

1万円~数万円の、目先の対策でも解決する場合はあるので、一度試してみるのも手だとは言えるでしょう。ですが、被害がひどい場合は、10万円以内の駆除では解決しない可能性があることにご注意ください。

ねずみ駆除の料金は何で決まる?

「10万円~25万円が相場」と言っても、ずいぶん幅があります。この料金差は何によって生じるのでしょうか。もちろん、担当する業者の独自基準という面もありますが、基本的には、「住まい」と「被害状況」によって料金は決まります。

住まいの広さや構造は駆除作業の量に影響します。とはいえ、1LDKと2LDKくらいの違いであれば、広さの差はさほど大きな違いではありません。広さも多少は影響しますが、構造が複雑であるなどするほうが影響しやすいでしょう。つまるところは、防鼠工事を施すにあたって、どこに何か所の工事をしなければいけないかによって料金が違ってきます。

そのため新築の気密性の高い家より、古くて隙間の多い家のほうが、工事個所が多いため費用がかかってしまう可能性があります。

被害状況も、ねずみが最近出入りし始めたという状況であれば、これを追い出して防鼠工事を施すだけで済みます。しかし、長年に渡って住み着き、繁殖もしている、となると、その駆除にも多くの薬剤と時間を要しますし、殺菌や消臭の処理も必要になるかもしれないので、そのぶん費用がプラスされることになります。

どういった内容の駆除作業を行うかは、見積もりの段階で詳しく説明がありますので、話をよく聞き、吟味されるとよいでしょう。

追加料金は発生するのか? 支払い方は?

「最初は安い値段を提示されても、後からいろいろと追加料金を請求されるのではないか」、そんな心配を持つ方もいるようです。

ねずみ駆除では、最初にしっかりと調査をして見積もりを提示するのが慣習で、追加料金が発生するということ自体、ほとんどありません。どうしてもという場合も、事前に相談があるはずですので、その点は安心してよいでしょう。

なお、ねずみ駆除の料金は、後払いが多いです。業者によっては、半額を前金としていただく業者や、一部、前払い制の業者もあります。見積もり時などに説明があるでしょう。支払いは原則、現金になります。

ページの先頭へ