シャットアウトG様

前に、どんな大きなビジネスをやっていても、これほど満足感を得られる仕事はなかったです。

個人で駆除をしているシャットアウトGの山下様。
お客様からたくさんの喜びの声をもらっています。
施工されたお客様から絶大な信頼をいただいている、その理由を探ります。

目次

お客様の喜びが目に見えてわかる、素晴らしい仕事です!

以前から駆除のお仕事をされていたのですか?
シャットアウトG 山下様(以下 山下):いえ、全然別の仕事です。
ホテルのインテリアのプロデューサーをしていました。ある時、仕事がうまく行かなくなってしまって、知り合いの方に教えてもらったことがきっかけでこの仕事を始めました。
一から始めることに抵抗はなかったですか?
山下:ありましたよ。 でも、駆除をするととても喜ばれるわけじゃないですか、自分なりに工夫して。素晴らしい仕事だと思います。
この前は名古屋からご指名の連絡がありましたね?
山下:そうですね。ゴキブリ駆除マイスターのお客様のインタビューを見てくださったようで。私は神奈川の川崎市を拠点にしているのですが、交通費もお支払いするので駆除に来て欲しいと連絡をいただきました。ありがたいですよね。なんとかして差し上げたいと思いましたよ。
お客様のインタビューも多く、とても信頼をいただいているのがよくわかります。かなり駆除について研究されていらっしゃるんですね?
山下:研究というほどではないですが、キッカケがありまして。あるお客様先に行った時、そのお客様がこうおっしゃったんです。相見積もりを取られたある業者さんに「日本でゴキブリを完全に止められる業者なんていないです」と言われたんですがと。この話は何度か他のお客様からも聞いたことがありました。
なるほど。そういうことをはっきり言う業者さんもいらっしゃるんですね。
山下:それで、これは駆除だけではだめだ。ゴキブリの侵入口も防止をしようと考えたんです。侵入口を塞いで初めて止められるんだと。 
でも、侵入口を防止すると、ワンルームマンションで6時間くらいかかる。 仕事の効率とかを考えると、本当はそんなことまではしないほうがいいのかもしれないですね。
ワンルームで6時間ですか!
山下:ワンルームマンションが一番大変なんですよ。必ずある箇所が空いていて、そこを止めなければいけない。そこを格闘するのに、4,5時間かかる。都内のお客様で、2万5000円くらいで引き受けて、施工に8時間かかったということがありました。
8時間ですか!
山下:さすがにこれは料金に合わないなと思いました。お互いがハッピーになる方法を考えないと。これは、儲からない方法なんですよ。会社にしたら、それはなしだと思う。そこまで施工のレベルを全部あげるということは大変なことですし、一人が関わって対時間比で考えると、やっぱり届かない。そういう意味では、個人だからやれることかな、と思います。 
他の業者さんのことについて何も言うつもりはないですが、薬剤の関係から毎年契約できる。侵入口を塞いで完全に止めてしまうと、来年がなくなる。だから毎年ゴキブリが出るし、駆除をする必要が出てくる。
そうではなく、根本から侵入を止めてしまおうと考えたわけですね。
山下:そうです。侵入口を封鎖するのでお客様のお宅に下手したら1日,2日一緒にいることもありますから、お客様と非常に親しくなります。女性のお客様は、ゴキブリにトラウマをもっている方も多くて、夜眠れないとか、仕事にも集中できない、蕁麻疹がでるという方もいらっしゃいます。
お問い合わせされる方のほとんどはそういう方なんですね。
山下:そういう方には必ずこう言うんです。「一緒に見ていてください。どこをどうするか、自分の目でみていたら、安心するでしょう。」って。「私、ちょっと出かけてくるのでやっといてください」じゃあだめなんです。一緒にいてください!と。そうすると、終わるころには、ちゃんと安心なさって、私が、詳しく説明しなくても「安心しました」と言ってくれます。
でも、「初回の可能性で言うと95%ですから。しかし、もしミスしても、もう1回行って残りの5%に対処すれば、限りなく100%に近づきます。」とお話します。それでも、皆さんには私の作業の全てを一緒に見ていただいているので、私の仕事に対して安心してくださっています。とても嬉しいですね。

安心し納得していただくためにも、作業中は一緒に見ていただいています

何時間もかけて一生懸命作業していただいてお客様も感動されていますね。
山下:お弁当を頂いたり、お土産をもらったりで、恐縮してしまいますね。前に、どんな大きなビジネスをやっていても、これほど満足感を得られる仕事はなかったです。別に、ごまかすつもりはなかったですけど、前の仕事では、億単位の売り上げをだしてシメシメと思っていました。今は3Kみたいな大変な仕事をしているんでしょと言われることもありますが、私は「何言ってるんだ!いい仕事ですよ!」って思っています。本当に面白いし、喜んでいただけることが何よりも嬉しいですね。お土産の価値がどれくらいかということではなく、もらうこと自体が嬉しいじゃないですか。
そういう風に気を使っていただいた、喜んでいただいたというのが、嬉しいですよね。
山下:「山下さん、今日の夕食これ食べて」とかいってもらえるのは本当にありがたいです
徹底されますよね。1時間、2時間で終わり、とかじゃなくて。入口を封鎖してしまうという。
山下:1時間、2時間だとコミュニケーションが取れないと思います。
コミュニケーションをとるためではなく、止めるためにやるんですよね? 結果的にコミュニケーションがとれているという。
山下:コミュニケーションをとろうと思って、とってるわけでもないですけど。結局、ほとんどの場合、ゴキブリ屋敷でどうしようもなくなって、依頼される方って少ないじゃないですか。
むしろ多くのお困りの方は、神経質なくらい、きれいにされていますよね?
山下:この前の方は、冷蔵庫の中まで入ってきてました。
でも、お部屋はきれいに掃除をされているんですけどね。
山下:お部屋をきれいにされていても、建物が築40年などすごく古い場合があります。そうなるとお部屋の問題ではないんです。もうこれはたくさん出るっていうのはわかってるから、やらなきゃいけないし、そうすると1万2万じゃできないし、ワンルームでも5万円~6万円、一戸建だと9万円~になってきますね。そのかわり、2,3回行くことも覚悟しようと思う。
そう現場を多く見て来られて、やり方を見つけたんですね?
山下:見つけたというか、止めるにはそうせざるを得ないと思います。私の中でこの仕事の分かれ道っていうのが、「侵入口防止」っていうことだった。つまり、建物の中側と今住んでる住居側との侵入口を防止する。
駆除業者の中には、エアコンなんかを扱えない業者さんもいらっしゃるんじゃないでしょうか?私は、今いろいろと学んだことで、エアコンも完全に止められるようになってます。どこが問題かわかるようになって。
エアコンの室外機から入って来るんですか?
山下:エアコンの室外機からゴキブリは入ってくると思うでしょ?あれは、入らないんですよ。外に出てる放水する管がありますよね。あそこから、あがる可能性はある。それと、もうひとつは新築でもいえることですが、木造住宅にエアコンをつけるために、壁にドーンと穴をあけるんですよ。そうするとこの隙間から入ってくるわけですよ。それをとめる方法もわかっています。
止めるためにあらゆる研究と勉強をされているんですね。
山下:そういったことを見ていただいて納得していただいて、安心していただく。
お客様に一緒に見ていただく、ってことが山下さんの中では、ポイントなんですね。
山下:そうじゃないと意味が無いじゃないですか。駆除だけでしたら、ちょこちょこっとするだけでもいいですが。たとえば、キッチンとか洗面とか問題じゃないですか。キッチンは、排水のじゃばらのラインと、給水のラインと浄水のラインのパイプが3つある。
みんなそこをとめるでしょ。でも、ぜんぜんそこを止めても意味が無い。そこはユルユルに作ってありますので。でも、大きいゴキブリが出てくるわけですよ。
そういった状況をお客様にも一緒に見ていただいて塞ぐところも確認していただくんですね?
山下:そうです。ですので「外出するので後はやっておいてください!」というのはお受けしません。 「一緒に見てください!」とお話しします。そうすると納得していただけますし、安心するじゃないですか。
それは洗面化粧台もそうだし、換気扇なんかもこういうのをはずしてみると、天井につきささったところが、空気のダクトがつきさってて、まわりが大きく開いてる。そういうところからやっていかないといけない。
そういうのを全てチェックされて時間はかかりますよね。
山下:それは、致し方ない。でも、ちょっとマニアックな方向に走っているので反省はしていますけどね。もっと効率よくやらないと、儲けにはならない!(笑)損はしないですけど。
そういったことはご自分で全て考えたのですね?
山下:駆除業者さんもそんなところまでやったら合わないでしょう。駆除と封鎖工事で4万5000円~8万円くらい、なるべくそれ以上は高くならないようにしています。昨日のところは、隙間のコーキングからなにまで、全部で2日かかりました。息子も連れて2人でですよ。でもまあ、皆さん喜んでいただいて。そういうことを望んでいる方がいらっしゃるということもわかりました。

止めると言ったからには、意地でも止めます。止めないといけない

お客様には伝わらないこともありますよね?費用とか時間とか。そんなとこまでする必要は無いっていう。
山下:もちろん、そういう方には封鎖工事まではせずに駆除作業で3万円くらいからでお受けします。でも費用の問題じゃないって言う人たちは多いんですよ。とにかくゴキブリを見たくない!という。そういう方たちに何かして差し上げるのが私の仕事ですから。
お電話でのご説明もかなり細かくされるのですか?だいたい、お電話でお客様は納得している感じですよね。
山下:前は、ゴキブリが出てくる理由と駆除方法のストーリーを作っていったんですよ。そのストーリーを話すのに15分くらいかかった(笑)今は、違うんです。
駆除だけじゃなく、侵入口も防ぎます。どんなに駆除しても玄関開けていたら一緒でしょ。ゴキブリの玄関はきちっとしめないといけないですよね、ていう説明だけですよね。簡単に言えば。ただ、そうするとそんなに費用がかかると思っていない。
この前のお客様は6時間かかりました。それで4万5000円です。薬剤撒いて終わりというものではないのでこうなってしまいますね。お客様は隣で寝てしまっていましたけど(笑)
もうやったところは、止まっているんですよね?
山下:侵入口を塞いでしまいますから入ってくるはずがないんです。ただ2,3回いくところも稀にあります。ある1件だけは止まってないところがあって、もう8回行ってます。和風の築4,50年のアパートを鴨居から始めました。押入れの中から台所からあらゆるところ全てコーキングして、何度もやりました。
これはお客様と私自身のためにいくんです。この方は3万5000円でした。8回いったら、完全に赤字ですけど、赤字かどうかは関係ない。もう意地ですね。止めるって言った以上は、止めないといけない。必ず原因があるんですから。
なんだか胸が熱くなりますね。どんなお客様でも引き受けた以上、最後まで責任を持つということですね。
山下:これはお客様から聞いた話ですが、駆除業者さんの中でも「これとこれとこれは、ご自分でやってください。それをやってくださらないと、出る可能性があります。」それは逃げを打ってますよね。皆さん、逃げを打つんですよね。
さっきもお話しましたが、お客様から、「日本でゴキブリを完全にとめられる業者はないんですよ」と業者さんに言われたという。そう言われるとお客様に、「そんなことないんじゃないんですか。それはやることをきちんとやってないからじゃないですか?」って、言っちゃうんですよ。でも、別に8回行ったって、失うものは何も無い。お客様には申し訳ないので止まるまでやりますが。
駆除をして止めてもらうっていうより、安心を買ってもらっているって感じですね。
山下:そうです。逆にそれが怖いところでもありますよね。「侵入口を防止しますよ」って言ったら、1匹でも出たらアウトでしょ。「保証します」って言ったら、行き続けなきゃいけない。こっちは、信用を売る。お客様は安心を買う。私の場合は、そういうとこです。
「薬は効いてますよ!」と言っても、「いや、そういうことではないんです。見たくないんです。」と言われて、「出てきても、薬を食べて死ぬから大丈夫です。」と言うとかそういうことじゃない。だから、そういうことまで覚悟しないといけない。難しいですね(笑)
終わりに
私がお客様インタビューで訪問する時、必ずお客様はこう言います。「ここまでやってもらって山下さんには申し訳ない」と。
お客様にきちんと作業を見ていただいて信用を売る。お客様は安心を買っていただく。そういったところが信頼されるポイントだと思いました。

この業者にゴキブリ駆除を依頼する

ページの先頭へ