有限会社七福様

駆除業者ではなく、環境衛生コンサルティング会社。総合的に対処するように心がけています。

害虫、害獣なら何にでも対応してくれる有限会社七福様。
それだけに、知識は豊富。この知識をどう活かして仕事をしているのか。
本日は西村様にインタビューしました。

目次

知識を活かして、どんな害虫、害獣でも駆除します

駆除の対象は何ですか?

有限会社七福 西村様(以下 西村):何でも全般的にですね。だから知識的には全員高いものをもっています。例えば、ねずみ被害と聞いて行ったらイタチだったとか、イタチの中でもイタチとテンは習性が違うので、形跡から見てこうだとか。お客様がよく分からない場合でも、別の見方ができますね。

虫でも同じように、お問い合わせがあったら現場に行って対応する感じですか?
西村:それが一番ですね。電話で「こんな小さな虫が出る」と言われた場合、お話の内容から、小さな虫って何かある程度予想を立てます。それで現場に向かい、状況を詳しく把握して作業をしますね。
お客様の現場には必ず行かれるんですか?
西村:基本的にはそうです。私達の業界は現場に行った者でないと報告書も作れないし、駆除のお見積りも出せません。ですので、お問い合わせいただいたお客様の現地調査から最後に費用を頂くまで、1人で全てお受けする形になります。
飲食店様や定期的に訪問する施設などはまた違ってきますけど、一般のお客様に関しては1人で担当することが多いです。

ゴキブリ100%駆除をうたっています

ゴキブリの駆除だと、ベイト剤が中心ですか?
西村:いえ、ベイト剤は使わないです。医薬品もしくは医薬部外品などの安全な液剤を散布します。ポイントを押さえて行えば、ベイト剤より効果は高いですよ。
ベイト剤の場合は、食毒したゴキブリのフンや死骸をまた違うゴキブリが食べて、という風に伝播して死んでいくんですね。液剤の場合は直接効くので、1回駆除を行った際に90%以上はそこで死んでいます
。ここから1~2週間かけて100%に近づけます。それで1ヶ月後にはほぼ0になっていますね。私達のゴキブリ駆除に関してはいないのが当たり前なんですよ、プロがやるわけですから。隣が飲食店とかでも関係ない、いない環境を作るのは当然だと言っています。だから、100%駆除をうたっています。
すごいプロ意識です。それでゴキブリは止まりますか?
西村:止まります。飲食店様でも1回の駆除でほぼ1発です。ただ飲食店様の場合、基本的には年間契約となるため、事後調査で捕獲があれば、それが生きていなくても、念のためもう一度、薬を散布します。
飲食店様の場合だと、定期的に訪問されていますか?
西村:しますね。飲食店様の場合は、周辺環境に加え、色々な場所や業者からたくさんの物が納品されるため、一般家庭よりゴキブリの発生リスクは高いです。その為、定期訪問が必要となります。例えば、おしぼりの箱をさげてくるケースに付いて入ってきたり、納品されるダンボールに付いて入ってきたりと様々です。
一般家庭でも外から入ってきたり、どこかの配管を通じて入ってきたりすることはよくありますが、むしろ一般家庭のお客様から、クロゴキブリを見ないようにしてくださいと言われるほうが難しいかもしれません。
それはどうしてですか。
西村:例えば、建物の構造や周辺環境などから、ゴキブリが侵入しやすい場所だとします。その場所で外から入ってくるものを随時、監視するわけにはいきません。それを可能にするには、その家周辺のゴキブリをゼロにすしかないからです。その為、一般のお客様の場合には半年間保証をつけています。その間であれば何度でも無償で再施工に伺う様にしています。
半年の保証をつけた値段は大体どのくらいなんですか?
西村:建物の構造や状況によっても変動しますが、マンションにお住まいの一般のお客様だと約2万5000円からです。それで、一部屋増えるごとに5000円ずつ増えていく感じです。例えば3LDKくらいのマンションだと2万5000円プラス1LDKが二部屋増えるので1万円。しめて約3万5000円になります。
明確に決まっているんですね。
西村:そうですね。しかし発生状況次第では、価格が上下する場合もあります。例えば一戸建てでも一階部分ではゴキブリを見るけど、二階では見たことがないという場合、一階部分だけを処理することがあります。その際は値引きの対象となりますし、逆に発生量が非常に多く、作業環境が悪い場合などは値上げの対象となります。ゴキブリ駆除は現場ごとで様々です。その為、家の周囲や環境に応じて臨機応変に対応しますね。
お客様の状況やご希望に沿った駆除をされてるんですね。ねずみの場合もお客様の状況や希望に合わせて、総合的にご提案されるのですか?
西村:基本的には調査に基づく侵入口の封鎖です。ねずみの被害は一戸建ての家が多く、外周調査で床下換気が壊れていたりします。
こういう箇所も侵入口の可能性があるので、可能性を潰して少なくしていきます。家の中にいるねずみは基本的には粘着シートで取ります。殺鼠剤を使うとどこで死ぬのかわからないので、少なくなってから使うようにしています。
状況によって使いわけているんですね。
西村:あと、ねずみに関しては保証を1年つけています。1年以内に何かあった場合、調査料は無料ですが、例えばまたどこか齧られて穴を開けられたなどは、作業料だけ1000円頂くという形です。
お客様は飲食店様から一般家庭まで幅広く対応されているのですね。
西村:色々な方がいらっしゃいますね。飲食店の方とかだと、駆除というより定期的な管理になるケースが多いです。一般のお客様の場合だと単発的になる方が多いですし、お客様もそう望んでいると思います。ですから、侵入口の調査と封鎖をメインに、今後再発しないよう作業を行っています。
ねずみだと、それで大体止まりますか?
西村:一般家庭であればほとんど止まりますね。2年後や3年後にもう一回というのもないです。駆除のリピート自体あまりないです。

WEBシステムで衛生状況を管理

害虫・害獣がメインなんですね。
西村:そうですね。害虫、害獣の駆除は全般的にさせていただいていますが、それ以外はあまりしないですね。何かが汚れていて害虫とか発生している場合は、ここを清掃すればいいですよ、という提案はさせていただきます。
グリストラップが汚れてチョウバエが出ている場合とかですね。
飲食店で恐いのは、虫が商品の中に入ったり、食中毒が起こってしまったりすることですよね。どういう厨房にすれば、衛生的に良くなるのか、こういった提案もさせていただいており、約30項目の衛生チェックをするんです。床の上にゴミが落ちていないか、みたいに。
食品工場みたいですね。
西村:そうです。食品工場の衛生管理の考え方を飲食店でもしていこうという考えです。そこで利用しているのが、独自のWEB評価システムです。
WEB評価システムですか?
西村:WEBを利用し、データベース化してるんですよ。飲食店全体を大きく5項目に分けてですね。例えばダンボール、虫がよく付いてくるし不衛生な物なので厨房の中に入れちゃ駄目なんです。これを写真に取って、報告書でここをこう改善してください、と提案します。
あとは包丁とかダスターは菌を媒介して食虫毒の原因になりますので、こういうところもきちんと管理されているかも見させていただきます。ここが他社さんと違うところかな、と思います。データベース化もそうですけど。
このデータはお客様も見られるんですか?
西村:WEB環境があればID・パスワードでどこからでも見られます。過去のデータを含め全て蓄積されているのと、衛生チェックが100点満点中、どういう風に推移しているのかなど確認できます。本社機能があるところは、グループ全体で、各店舗がどのような状況かを把握することに役立ちます。改善提案されているのに改善してないな、と把握できるので、グループ店をお持ちのお客様には重宝してもらっています。もちろん紙媒体で見たい、というところには紙媒体で送らせていただいていますよ。
お客様が見られるって凄いですね。ここまでする業者さんはあまりいない気がします。
西村:おそらく少ないと思います。グループ店様ですと「これはいいね」となるんですよ。個人店よりグループ店のほうに利便性があるシステムだと思うんですけど、グループ店は経費削減したいところが多いんですよ。この当たりの折り合いが難しいですね。

環境衛生コンサルティング会社ですね

お客様に説明をする際、何か気をつけていることはありますか?
西村:お客様は知識があまりないので、色々と考えてしまうと思います。ゴキブリだと、1匹見れば40、50匹いるんじゃないの、とかの間違った知識をお持ちの方もいらっしゃるので、正確な知識や情報をお伝えすることに気をつけています。
そういった知識をお客様にお伝えたら、不安も減りますよね。
西村:減ると思いますよ。ペットが薬剤舐めても大丈夫なのか、お子さんには大丈夫なのか、とすごく気にされるお客様がいます。当然のことですよね。ですので、薬剤に関してはどういったものを使っているのかをご説明しています。
あとは自分でできる対処方法もきちんとお伝えしています。先程もお話したドアの隙間とかは、隙間テープのようなもので埋めたほうがいい、とか。物をたくさん置いてたら住処になりやすいから整理整頓はしてください、エサになりやすいものはゴミ箱の中にちゃんと入れといてください、と。
駆除だけじゃなく、説明もしっかりしてくれたら安心できますね
西村:駆除はもちろんしますけど、それ以外のことも大切にしていますね。当社の代表の好きな言葉で「三方両得」という言葉がありまして。お客様、私達、取引業者、この三方にとって良いことを目指しています。また虫は駆除するのはよくないですけど、侵入しにくい環境を作ればみすみす殺されずにすみますしね。ねずみとかも家の中で見なくなるようにすればいいわけで、わざわざ外にいるねずみまで殺す必要はありませんから。
良い言葉ですね。
西村:害虫駆除をやっている業者、というだけでは信頼感がないと思うんですね。総合的に見て何がいけないのか、なんで虫が発生するのか、こういったことに明確なアドバイスができないと駄目だと思っています。ゴキブリ駆除で契約していても他の虫も出るので調査してくれないか、というご要望に対しては無料でさせていただいています。
ねずみが出るようになれば、穴を塞いだりして総合的に対処するようにはしています。それに相談できるところがあるだけでも、助かると思いますしね。
害虫駆除は勿論、環境から変えていく、みたいな感じなんですね。
西村:そういうことです。駆除業者ではなく、環境衛生コンサルティング会社です。
環境衛生コンサルティング会社、ぴったりの言葉ですね!本日はありがとうございました。
終わりに
駆除だけでなく、お客様に現状を理解するために様々な努力をされていますね。
害虫駆除の会社、というより、良きパートナーとして支えてもらえると感じました。

この業者にねずみ駆除を依頼する

ページの先頭へ