状況別ゴキブリ対処法まとめ

お問い合わせ

状況別ゴキブリ対処法まとめ

ゴキブリは、予防することで出会わないようになるのが一番ですが、やむをえず、遭遇してしまったときはどうすればいいでしょうか。状況別に対処法をまとめました。

出会ったときの対処法

ゴキブリと遭遇してしまうと、多くの人が驚き、うろたえてしまいます。しかし、逃がしてしまうと、ゴキブリが家に定着してしまうおそれもあります。できるだけ、その場で駆除できるに越したことはありません。いざというときのために、対処法を心づもりしておきましょう。

ゴキブリ遭遇時に使えるもの

スプレー式の殺虫剤、エアゾールなど

即効性・確実性・使い勝手の点では、最適です。すぐに手に取れる場所にないと、逃がしてしまうことも多いのが難点ですが、キッチンなど遭遇しやすい場所に置いておくとよいでしょう。最近は、殺虫成分のある薬剤ではなく、ゴキブリを凍結させて死なせるタイプの製品が人気です。殺虫剤の人体への影響や匂いが気になるという人は試してみましょう。

スリッパやハエたたき

日用品などを用いて物理的に攻撃するという方法です。原始的ですが確実な方法と言えます。潰れたゴキブリの体液などが床に付着したり、つぶすときの感触などに抵抗があるという人も多いでしょうが、手加減すると逃げられますので、見つけたら躊躇せず、振り下ろすのがコツです。その際、前方から触覚に触れないように狙います。ゴキブリは弱視なので、人間を認識できず、成功率が高まります。

液体石鹸や洗剤

液体石けんや洗剤をゴキブリのお腹に向かってかけると、お腹の気道がふさがれて窒息して死に至ります。ただ、死ぬまで少し時間がかかります。早く処理したい時はお腹側に向かって液体石けんや洗剤をかけましょう。キッチンで遭遇した場合、熱湯をかけるのも効果的です。ただし、誤って火傷しないようご注意ください。

掃除機

掃除機自体がゴキブリを駆除するものではありませんが、掃除機で吸った場合は一時的に気絶させられます。ただ気絶しただけですので、すぐに気絶したゴキブリの入った紙パックやゴミを取り出し、ゴミ袋に入れた後は密閉状態にして殺虫剤をスプレーするとよいでしょう。ゴミ袋は厳重にふさいで捨てます。

見失ってしまった場合は?

キッチン・寝室などで隙間に逃げた場合は、そこに殺虫剤をかけておくとよいでしょう。その薬剤で死ななかったとしても、危険であることを察知して家の外に逃げていく可能性が高いです。この使い方をする場合、凍結方式のエアゾールは向きません。

クロゴキブリは家の中に巣を作ることはまれで、夜に侵入してきたとしても、一時的にエサを探して入ってきているだけなので、そのまま出ていくことがほとんどです。それでも不安がある場合は餌となるものをゴミ袋に入れ、厳重に閉めた上、蓋つきのゴミ箱に入れておきましょう。

風呂かトイレで見かけたときは、一度扉を閉めて、密閉状態にして隙間などから殺虫剤をかけるとよいでしょう。

しとめたゴキブリの死骸はどうする?

ゴキブリのメスは死ぬ間際に産卵することがあります。この落ちた卵鞘を見逃がすと、ひと月以内に20匹近いゴキブリが生まれます。死骸や周囲をよく見て、卵鞘を見落としていないか確認する必要があります。その後に燻煙剤で卵を駆除することはできません。ゴキブリの卵鞘(※後で説明)は非常に硬く、煙を広範囲にまき散らすタイプの殺虫剤(燻煙剤)を通さないので中の卵は死にません。死んだゴキブリのお尻に卵がついたままになっている可能性があるので、ごみ袋は口が開かないように厳重にふさいでから処分します。

ゴキブリが出現した近くに卵がある場合もあるので、その周辺一帯を、洗剤をつけた雑巾で拭き掃除することが有効です。

卵を見つけたら

ゴキブリそのものではなく、卵やフンなども、見かけたら適切に処理したいものです。

ゴキブリの卵の駆除方法

ゴキブリの卵は「卵鞘(らんしょう)」と呼ばれるカプセル状のものに入って生まれます。卵鞘は黒くて、幅1cm程度、高さ5mm程度の、薬のカプセルを思わせる枕型をしています。アズキのように見えることもあるでしょう。この中に10個以上の卵を入っています。物陰で生み落とされますが、観葉植物の土の部分にそっと生んである場合もあります。

ゴキブリの卵鞘

ゴキブリが卵を生む場所は暖かく、暗く、湿度があり、餌場の豊富な場所です。卵を見つけられなくても、そういった箇所を徹底的に掃除すれば、卵は除去できている可能性が高まるでしょう。

ゴキブリは危険を察知すると卵を切り離して逃げようとすることがあります。そのため、ゴキブリを見かけて退治した後、そのゴキブリが卵をどこかに落としている可能性があるので、仕留めた場所周辺を徹底的に探して、卵に十分に殺虫剤をかけて密封処理します。

可能であれば、ゴキブリが家の中で卵を生まないようにするのが最善です。そこで、卵にも効果のある毒エサを使用することが対策になります。フィプロニルを有効成分とするタイプの毒エサはゴキブリ本体だけでなく、卵も死滅する為、非常に効果的です。

この方法は、卵を持っている成虫が家に侵入してきた時に、必ず毒エサを食べさせることが重要になります。このためには、「掃除を徹底することで、他に食べられるエサがなく、毒エサに食いつくようにする」、「ゴミ箱から匂いを漏らさない」、「巣になりそうな場所は塞ぐ」といった対策をして、毒エサのみを食べるように導きます。