住まいへのゴキブリ侵入を食い止める方法

お問い合わせ

住まいへのゴキブリ侵入を食い止める方法

ゴキブリの予防は、何はなくともまずは「家にいれない」ことが最重要課題です。どうすれば、ゴキブリが入ってくるのを防げるでしょうか。

ゴキブリはどこから侵入してくる?

現代の住宅は気密性が高くなっており、外から虫が入ってくることはそうないように思えます。ゴキブリは一体どこから侵入してくるのでしょうか?

わずかな穴や隙間から

現代の住まいでも、よく注意して見れば、さまざまな「穴」があることがわかります。

ゴキブリの侵入ルート

通気口、換気扇、エアコンのホースとホースを通すための穴

ポピュラーなゴキブリ侵入口のひとつ、それが通気口などです。これらは常に開いていることが普通で、その先は外部へつながっています。住まいを外から眺めてみましょう。壁にいくつか、穴が開いているのではないでしょうか。換気扇が稼働しているときはもちろんゴキブリは通れませんが、常に動いているとは限りません。

また、建物の土台部分には、床下の通風孔があるはずです。床下の湿気を避けるために必要な開口部ですが、ここから容易に床下に入り込むことができ、もし床のどこかに隙間があれば家の内部に侵入されてしまいます。床下点検口も侵入されやすいポイントです。

そして室外機からエアコンに続くホース。ホースを通す穴はホースよりも少し大きめに開いており、その隙間が出入り口となります。

排水口、シンクの排水口~シンク周辺の壁との隙間

排水口もまた、ゴキブリが侵入しやすいポイントです。キッチンのほか、洗面所や風呂場も入口になり得ます。もっとも、多くの場合、排水にトラップ処理が施してあることが多いでしょう。トラップ処理とは、排水の途中に水が溜まることで、ゴキブリなどの虫や下水の臭いが家の中に入ってこないようにする仕組みのことです。シンクの下の排水パイプを見てみましょう。「S字」に曲がっていればそれがトラップです。

しかし、S字トラップは、時間とともに溜まった水が蒸発してしまうという盲点があります。毎日使う場所なら大丈夫ですが、あまり使わない排水や、長期の旅行などで家を空けたりしたとき、S字トラップが効果をなくしてしまうことがあります。

また、排水パイプそのものはトラップ処理されていても、パイプ周辺と床部との間に隙間があれば、侵入口になってしまいます。シンクには、シンクを支える土台の背面とシンク下の空間の奥壁とが分かれている間仕切り形式のものがありますが、その隙間からゴキブリが入り込んでくるケースもあります。

窓やドアから

生活していくうえで、窓やドアをまったく開けずにいることはできません。そして、実のところ、ゴキブリはごく単純に、そうした窓やドアが開いているときに入ってきていることが少なくないのです。

頻繁に開け閉めされている玄関や勝手口などは入り込みやすい場所です。賃貸の部屋には通風口やドアポストなどがついているところも多いですが、これらも侵入ポイントになります。

ベランダ、庭に面した窓・網戸などにも注意しましょう。網戸をしていても網戸とサッシの隙間が微妙に開いていることがありますが、特に賃貸の部屋は軽いサッシが使用されていることが多く、隙間ができやすくなっています。小さなゴキブリであれば1.5mmの隙間があれば侵入してきます。

何かにくっついて持ち込まれる

段ボールに紛れて一緒に部屋に入ってきたり、段ボールについていたゴキブリの卵が、家の中で孵化したりというケースもあります。ゴキブリは段ボールを好み、放置されている段ボールの隙間に身を潜めたり、そこに産卵したりということはよくあるため、注意が必要です。

また、気づかないうちに着衣や荷物に着いていて、一緒に家に入ってくることもありえなくもないのです。一般に、建物の4~5階以上になると、ゴキブリに侵入される確率はぐっと減るとされていますが、持ち込まれてしまえばこの限りではありません。

ゴキブリの侵入を防ぐには

ゴキブリを住まいに侵入させないためにはどうすればいいでしょうか。薬剤を使用してゴキブリを遠ざけたり、粘着シートのようなもので入り込んだゴキブリを水際で捕らえたりといった方策も不可能ではありませんが、やはり、もっとも効果的なのは、侵入できる穴や隙間を塞いでしまうことでしょう。

先に述べたような、ゴキブリの侵入ルートを調べ、侵入される余地があるかどうか確認してみましょう。以下のような場所です。

  • 外壁へ通じる通気口
  • 床下点検口
  • その他、壁や床に開いた穴・隙間
  • 換気扇まわり
  • エアコンのホースを通す穴と壁の隙間
  • シンク下、洗面所、風呂場の排水まわり
  • 窓やドア(閉じたときに隙間がないか?)

もし、穴や隙間があれば、それをふさぐ処置を行います。方法としては、

  • 目の細かい網を張る
  • コーキング剤、パテなどで埋める

のが適切です。資材はホームセンターなどで手に入ります。

窓やドアが開いているときに入り込まれるおそれもあるため、100%とはいきませんが、これでゴキブリを目にする機会は大幅に減らせるはずです。もしも、自力でやってみて、それでもなおゴキブリを目にするようであれば、どこかにまだ見つけられていない侵入ルートがあるのかもしれません。その場合は、やはりプロの駆除業者に調査を依頼されることをおすすめします。