作業例:マンション

お問い合わせ

作業例:マンション

マンションでの作業例をご紹介します。
今回、ご紹介するのは2LDKのお住まいでの作業例になります。

1.ゴキブリの侵入ルートを調査

まずは状況の確認から始めます。もしゴキブリが侵入してくるとしたらどこからか、その侵入ルートを、お住まいの状況とゴキブリの習性から予測して調査することが予防作業の第一歩となります。

エアコンのホースのカバーを外すと……

壁とホースの間に隙間が見つかりました。

エアコンのホースは外の室外機につながっているため、この隙間は外への開口部になります。こうした開口部がどこにあるのかを入念にチェックしていきます。開口部はすべて、ゴキブリの侵入ルートになるからです。

シンクの下は必ず確認!

シンクの下はゴキブリの最多侵入ルートとなるため、要チェックポイントです。引き出しのさらに奥、排水と床の間などを確認しました。

玄関のドアと壁の隙間をチェックします。

玄関も重要です。ドアを閉めたときに、隙間がないよう、ゴムなどで密閉されているかどうかを確認します。こちらのお住まいは問題ありませんでしたが、不十分な場合はゴムを貼る施工も行います。

2.予測される侵入ルートを「閉塞」

お住まいの内外を調査し、問題点が洗い出せたら、施工にとりかかります。施工の中心となるのは、調査によって明らかになったゴキブリの予測侵入口を、物理的に閉じてしまう「閉塞」工事です。

エアコンホースと壁の隙間を閉塞。

エアコンのホースと壁の穴は、隙間が大きいため、金網を詰めた後、パテでふさぐという処置を行いました。細い隙間はテープやコーキング剤でふさぐこともあります。

給湯器の配管と、天井の間に隙間があったため、テープでふさぎました。

今回はエアコンのホースと壁の隙間(3か所)、給湯器の配管、洗面所の排水管、シンクと床の隙間などに閉塞工事を行いました。外部につながるあらゆる隙間・開口部を処置していきます。

3.万一の侵入に備えて「ベイト剤」を塗布

閉塞工事によって、ゴキブリの侵入はほとんど防げますが、たまたま開いていた窓から入ってくるゴキブリなどは防げません。そんな場合に備えて、ベイト剤の塗布を行います。ベイト剤とは、いわゆる「毒エサ」のことで、ゴキブリに食べさせることで駆除する薬剤を言います。

ベイトガンという機器を用いて、ベイト剤をつけていきます。

薬剤をつけるといっても、一か所につき数ミリほどの大きさで、目立たない場所につけるので気になりません。人間に感じられるほどのにおいもありませんのでご安心ください。この処置によって、万一、ゴキブリが侵入しても、ベイト剤によって死滅し、住み着いてしまうことがありません。

4.外周に薬剤を散布

最後の仕上げは、住まいの外周に薬剤を散布することです。これにより、住まいが「バリアー」に守られたような形になり、侵入してこようとするゴキブリを水際で防止できます。閉塞工事をしたことで侵入の危険性がかなり減っているため、こうした二重三重の措置によってゴキブリへの対策がかなり強固なものになります。

玄関周辺とベランダに散布します。

今回、使用したのはマイクロカプセル剤と呼ばれるもので、薬剤が微小なカプセルに包まれた形で散布されます。カプセルに包まれているため、効果を維持したまま長くその場に残り続け、ゴキブリがその上を歩くと、ゴキブリの体の油分に反応するなどしてカプセルが壊れ、中の薬剤が殺虫効果を発揮します。
強い刺激臭はありませんので、ご安心ください。

5.作業完了!

今回の作業は2時間程度で完了しました。
作業内容は状況によって変わりますので、手順や使用する機材・薬剤は異なります。以上は参考例ということでご理解ください。