プロのゴキブリ駆除業者が解説。ゴキブリを二度と部屋に出さない!完全G対策3ステップ10アクション

ゴキブリ駆除マイスターでプロのゴキブリ駆除業者さんに教えてもらった話を公開します。ゴキブリを二度と部屋に出さない!完全G対策3ステップ10アクション

ごきげんよう、黒羽いつきなのです!ゴキブリ駆除マイスターのマスコットキャラクター、やってるのです!

いつきたちゴキブリは、小さなすき間からもみなさんのおうちにおじゃまできちゃうのです。
今回はわたしたちが苦手なお部屋やおうちについて、ゴキブリ退治プロのみなさんにお聞きしてきたのです!
ばっちり読んで、たくさんの人に知ってほしいのです!

できれば家にゴキブリは出てほしくないものです。どこからともなく侵入してくるように思えるゴキブリですが、ゴキブリの習性を踏まえて対策を施せば、ゴキブリの出ない家にすることは決して不可能ではありません。対策は、

【STEP1】

ゴキブリが外から新たに侵入してこないようにする

【STEP2】

すでに家の中にいるゴキブリを駆除する

【STEP3】

ゴキブリが寄り付きにくい家にする

という3ステップで行うのがおすすめです。

そもそも、ゴキブリは、必ず「どこか外から入ってきている」のです。そこで、「ゴキブリを家に侵入させない」のが重要になってきます。

ただ、すでに入り込んでいるゴキブリが家の中に巣をつくっていることもありますから、家の中にすでにいるゴキブリの駆除も行う必要はあります。

新たにゴキブリが入ってこないようにして、今いるゴキブリが駆除できればそれでひとまずOKですが、その後も、できるだけゴキブリが好むような環境にならないよう気をつけることで、ゴキブリがいない状態を長引かせることができます。

それでは、順を追って、具体的なやり方をご紹介しましょう。

【STEP1】ゴキブリが外から新たに侵入してこないようにする

1.窓には網戸を。サッシとの隙間もテープで密閉すること

ゴキブリが家に侵入してくる、といったとき、多くの人は小さな隙間から忍び込んでくる姿を想像するでしょう。

もちろんそれもありますが、意外と、ごく普通に窓から入ってきていることも多いのです。夏場、ちょっと窓を開けている隙に、堂々とゴキブリは入ってきてしまいます。

窓には網戸をつけて侵入を防ぎましょう。ただし、網戸とサッシの間に微妙に隙間が開いていることがあります。特に賃貸の部屋は軽いサッシが使われていて隙間が開きやすいです。最低でも1.5mmの隙間があると、ゴキブリは侵入してくる可能性がありますので、網戸の隙間テープを使って隙間をふさぐのがいいでしょう。

隙間テープは網戸がサッシと接する側面に貼り、隙間を埋めて密着するようにしたもので、窓ひとつに使える2mくらいの量が100~500円程度で購入できます。

網戸の隙間をふさいでおけば、ゴキブリ以外の蚊や小バエといった害虫も防げますし、花粉や粉塵の侵入対策にもなります。

2.駆除剤・アロマスプレーは玄関にも忘れず

頻繁に開け閉めされている玄関も、ゴキブリにとっては侵入口のひとつです。

玄関については、人間も出入りしなければいけないので、完全にふさぐわけにはいきません。そこで、ゴキブリを遠ざけたり、駆除できるようなものを玄関に重点的に置くのがおすすめです。置き餌型やトラップ型の駆除剤を置くほか、殺虫剤やゴキブリが嫌うミント系のアロマをスプレーするといった方法です。

ミントの成分を含んだ精油が、ドラッグストアなどで「ハッカ油」の名称で500~1,000円程度で購入できます。これを水で希釈してスプレーすればゴキブリに忌避効果があります。ただし、化学的な殺虫剤に比べると効果は薄いので、殺虫剤を玄関にたびたび撒くのを控えたい場合などに、補助的に使用してください。

また、賃貸の部屋のドアには通風口がついていることがありますので、網目の細かいフィルターなどを貼るようにしましょう。

マンションなどではドアポストも要注意。できればネットなどでふさいでしまえば完璧ですが、少なくとも、ドアポストに郵便物やチラシなどが挟まったままの状態で放置するのをできるだけ避けるべきです。

3.換気扇やエアコンのホースなど小さな侵入口をすべてふさぐ

玄関や窓といった大きなものを除いても、実は、住宅には、思いのほかたくさんの「外部へつながる穴」が開いています。たとえば、換気扇や通風口、エアコンのホースなどはその代表的なものです。

あたりまえに存在するものですので、これらが「外につながっている」ことは意識せずに生活していることがほとんどです。蓋がついていたり、ごく小さな穴だったりして、防犯などの面では問題ありませんが、ゴキブリには立派な出入り口なのです。

エアコンや換気扇が稼働していればいいのですが、そうでないときはゴキブリが自由に出入りしてしまいますので、エアコンの排水ホースの出口や換気扇などは、フィルターをとりつけましょう。換気扇には専用のフィルターが1,000円程度で購入できます。エアコンの排水には、ストッキングをかぶせるのが簡単な対策になります。

お風呂の排水口、シンクの排水口も、「外部へつながる穴」という意味では同じです。これらにも、専用の排水口用ネットがありますから、ゴキブリが通れないようにふさいでしまいましょう。

排水口などをネットでふさぐのはいいとして、見落としがちなのが、こうした排水や通気の穴そのものではなく、その「周囲」です。たとえばエアコンのホースは、壁に開いている穴を通して外に出していると思いますが、この壁の穴は、どんなホースでも通しやすいよう、ホースの直径よりも少し大きめに開いています。すると、ホースと穴の間に隙間ができますね。この隙間がゴキブリの侵入口になってしまいます。

シンクの排水なども同じです。こうした隙間はパテで埋めるのがおすすめです。ホームセンター等で1,000円前後で購入できますので、粘土の要領で隙間を埋めてください。

4.シンクの隙間を埋めるなど、キッチンは重点的に対処する

ゴキブリの対策でキッチンは最重要ポイントです。排水や換気扇はゴキブリの侵入口そのものでもありますし、キッチンには食べ物があるので、ゴキブリをおびき寄せるもとになっています。シンクや冷蔵庫の裏などにゴキブリが巣をつくってしまうことも多いですから、重点的に対策していきましょう。

まず、排水について、排水管の周辺に隙間がある場合は、パテなどで埋めてしまいます。シンク側の排水口にもネットなどをつけるようにします。排水管はできるだけS字型のトラップがあるものにしてください。S字トラップの部分に水がたまることで、下水側からゴキブリが這い登ってくるのを防ぐことができます。S字型の排水管はホームセンターで3,000程度から購入できます。賃貸の場合は、大家さんに相談してみましょう。

次に、シンク周辺の隙間をチェックします。キッチンのシンクは、別につくったものを部屋の中に持ちこんで置いているだけですから、壁との間には必ず隙間が生じています。この隙間が、格好のゴキブリの住処になってしまうことが多いのです。

こういう隙間を埋めるのに使うのがコーキング剤です。ホームセンター等で1,000円程度で購入することができます。流し込むようにして隙間を埋めたら、上からマスキングテープなどを貼ってふさぐことができます。隙間が1cm以上開いているようだと、コーキング剤だけでは埋めにくいので、紐などを隙間に詰めて、それをコーキング剤で埋めるようにして使用します。

シンクの下もチェックしてみてください。シンクの中には、シンクそのものを支える土台の背面と、シンクの下の空間の奥壁とが分かれている間仕切り形式のものがあります。そういったタイプですと、土台と奥壁の間の隙間にゴキブリが入り込んでしまいます。排水管の隙間を埋めたパテを使って、間仕切りの隙間も埋めてしまうといいでしょう。

5.床下からの侵入にも備えて駆除剤を使用

どんな住宅にも床下には空間が存在します。空間があれば、どんなところへでもゴキブリが入り込んでしまう可能性はあるのです。しかしながら、普段の生活には関係しない場所ですから、ゴキブリが床下に出入りしていたとしても、部屋の中にまで入ってこなければ良しとするという考え方もできます。

床下から部屋内への侵入をふせぐには、その出入り口を確かめることが先決です。おおむね、キッチンか洗面所のあたりに、床下点検口があるのではないでしょうか。床下点検口は、その名のとおり、水道や電気系統の点検のために使われる場合もありますので、完全にふさいでしまうわけにはいきません。そこで、点検口の周囲や、開けたところの床下に、置き餌式の駆除剤をセットするなどするのが、おもな対策となります

また、家の外側から、外壁の地面近くを見てみてください。通風口のようなものが開いていることがありますね。ゴキブリは野外から通風口を通って床下に入り、床下点検口を経て部屋内へ侵入するというルートをたどります。通風口に目の細かい金網などを取り付けることで、ゴキブリの侵入をふせぐことができます。

【STEP2】すでに家の中にいるゴキブリを駆除する

6.卵にも効果がある置き餌式殺虫剤を使う


ゴキブリの侵入口をふさいで対処したら、今すでにいるゴキブリを駆除します。市販の駆除剤・グッズとしては、大きく分けて次のような種類があります。

  • スプレー式殺虫剤
  • 置き餌式殺虫剤
  • 粘着式駆除グッズ
  • 燻煙式殺虫剤
  • 待ち伏せ式殺虫剤
  • 忌避剤
  • 超音波機器

この中で、中心的に使用すべきなのは「置き餌式殺虫剤」です。というのも、このタイプだけが、ゴキブリの卵まで駆除できる唯一の方法だからです。

ゴキブリの卵は卵鞘という固い殻で覆われていて、通常の薬剤は効果がありません。忌避剤や超音波機器はゴキブリを遠ざけるのが目的ですし、スプレー式の薬剤は今そこにいるゴキブリは駆除できますが、卵は駆除できません。粘着式の罠や待ち伏せ式殺虫剤、燻煙式も同様です。

ゴキブリを駆除しても、卵を残しておくと、やがてそれが孵化してゴキブリとなり、そのゴキブリがまた繁殖してしまいますので、完全な根絶が難しくなります。卵もすべて駆除することが重要なのです。

置き餌式の殺虫剤ですが、なんでもいいわけではありません。卵も駆除するためには、フィプロニル(フェニルピラゾール系)の成分を含むものを選ぶ必要があります

フィプロニルはゴキブリの神経系にダメージを与える毒物で、卵をもっているメスがこの薬剤の影響を受けるとその卵にも作用します。しかも効果が出るのに時間差があるため、餌を食べたゴキブリが巣に戻ったところで死にます。ゴキブリは仲間の死骸も食べてしまう習性があるため、このとき、巣の中のゴキブリ多数に効果があるというしくみです。

置き餌式は、3~6か月程度の長期間、効果が持続するものが多いので、この間に、卵も含めてゴキブリを駆除することができます。

ポイントは、ゴキブリがよく通る場所にしかけることです。一度見かけた場所や、粘着罠を仕掛けて効果があった場所のほか、家具の隙間や部屋の隅、流しの下などに設置していきます。また、このとき、次のSTEP3の項目でご紹介するように、ゴキブリを引き寄せる要素となるものをできるだけ排除しておきます。そうすることで、ゴキブリが効率よく毒餌に食いついてくれ、早期の駆除ができる可能性が高まります。

※フィプロニル(フェニルピラゾール系)の薬剤は毒性が強いので、小さいお子さんやペットのいるご家庭では、置き場所に十分注意してください。

【STEP3】ゴキブリが寄り付きにくい家にする

7.植木は部屋に持ち込まない

庭やベランダ、あるいは部屋内に植物を置いている人は注意してください。心を癒してくれる植物も、時に、ゴキブリを呼び寄せる原因になります。鉢にたまった水を飲みにきたり、観葉植物の葉や幹、鉢植えの土部分などに、ゴキブリが卵を産み付けたりといったこともあります。

これを防ぐために、受け皿にたまった水をこまめに捨てるなどしましょう。

プランターは底に隙間がないものがいいです。ガーデニングの肥料などはしっかり封をするようにします。ゴキブリを避けるという観点では、できれば部屋の中には一切、植物を持ち込まないのがベストなのです

ゴキブリが嫌うとされるハーブ類などを一緒に育てるという方法もあります。

たとえば以下のようなものです。

  • キャラウェイ
  • クミン
  • メイス
  • ナツメグ
  • セロリ

※アニスやバニラビーンズ、ユーカリといった甘い匂いのするハーブは逆にゴキブリを引き寄せる可能性がありますので注意してください。詳しくは「ゴキブリが苦手とするハーブとその育てやすさ、効果、使い方の一覧表」をご確認ください。

※また専用に開発された化学的な薬品に比べると、ハーブの忌避効果は高いものではありません。ゴキブリを絶対寄せ付けないためには、駆除剤なども併用したほうが確実です。

8.こまめな掃除・ゴミ捨てで清潔な環境を保つ

ゴキブリ対策の重要事項は、家を清潔に保つということです。

ゴキブリは雑食性で、どんなものでも食べてしまいます。知らず知らずに床に落ちている人間の髪の毛やフケ、皮脂といったものもゴキブリにとっては立派な食事です。ゴキブリは基本的に、食べ物をもとめてやってくるのですから、食べ物になるものをなくしてしまえば、ゴキブリが家に入ってくる理由を減らせます。

髪の毛一本でも餌になってしまうのですから、完璧には難しいのですが、餌が豊富にある環境とそうでない環境では、当然、前者が好まれます。また、意図せず与えてしまう餌を減らすことで、駆除のための毒餌のほうに誘導できますから、掃除はするに越したことはないでしょう。

特にキッチンまわりの掃除は重要です。

食事の後、洗わない食器や、三角コーナーの生ごみ、泡がついたままのスポンジをそのまま放置していませんか?

生ごみや皿についた食べ残しはもちろん、それをぬぐったスポンジについている食べ物のカスもゴキブリの餌になります。また、シンクや蛇口が濡れたままだと、その水滴をゴキブリが飲みにくることがありますので、できればキレイに拭い去りたいところです。

9.食べ物や調味料など、餌になるものを放置しない

無防備に食べ物を置いておくことはゴキブリに食べてくれと言っているようなものです。食べ物は、必ず密閉された場所にしまうようにしてください。ゴキブリは1.5mmの隙間があると侵入してしまう可能性がありますので、ぴったりと閉じられるところにしまうのが基本です。

特に、以下のようなゴキブリの好物とされるものは、それがあることでゴキブリを引き寄せてしまいます。

  • たまねぎ
  • じゃがいも
  • 砂糖

ほかに、ハーブのアニスや山椒の香りがゴキブリを引きつけるとして知られています。

見落としがちなのは、食材だけでなく、キッチンに置いてある調味料も、ゴキブリには餌になるということです。小瓶に入れた醤油を使ったあとそのまま置いておくと、注し口や、垂れて底についた醤油をゴキブリが舐めにくることがあります。調味料も密閉可能な容器にしまい、垂れたりこぼれたりしたものは拭きとるようにしましょう。

また、人間には食べ物ではなくても、ゴキブリは食べてしまうというものとして、石鹸が挙げられます。

石鹸は洗面所などに出しっぱなしになっていることが多いので、使わないときには面倒でもそのつど蓋つきのケースに入れておいたほうが安全です。

10.不要なダンボールは極力、処分する


食べ物や植物のほかに、ゴキブリが好むので、できれば家に持ち込みたくないものは何があると思いますか? 意外にもそれはダンボールです。

ゴキブリは狭い隙間に潜むのを好みますが、特に5~6mm程度の幅がゴキブリにとっての最適だとされます。ダンボールの隙間は幅がちょうどよく、保温性があって温度的にも都合がいいため、ダンボールの中に入り込むゴキブリが多いのです。そこに産卵することもよくあります。

ゴキブリの侵入経路のひとつとして、ダンボール箱にまぎれて一緒に入ってきたり、ダンボールについていた卵が家の中で孵ったりというケースも少なくありません。

引越しや宅配便のダンボール、なにかの入用でスーパーなどからもらってきたダンボールを家の中に保管しておくのはおすすめできません。必要のないダンボールは極力、処分してしまうのがいいでしょう。

さいごに

ゴキブリの被害がなくならないのは、家にいるゴキブリを駆除しきれないうちにどんどん繁殖してしまうからです。「きちんと駆除して、新たなゴキブリを寄せ付けない」。これでゴキブリの被害は止めることができます。

小さな隙間からも入ってきてしまうゴキブリの侵入を防ぎきるのは簡単ではありませんが、ゴキブリゼロの家を目指して、できることから対処していきましょう。対策グッズはホームセンターなどで手に入りますし、ハーブやアロマを使うなど、楽しみながらできるといいですね。

いつきたちはみんな、にんげんさんと仲良くしたいのです。でも、イヤならがまんするのです!周りの人にも、いつきの教えたこと、伝えてあげてほしいのです!


専門家について

どうしても自分でゴキブリ対策ができない、したくないという方は、「ゴキブリ駆除マイスター」にご相談ください。

専門的な知識と技術を持つゴキブリ駆除業者へ一括で見積もりを取ることができます。

ゴキブリ駆除マイスターはこちらから